デオドラント剤の効果的な使い方としては、 「部位毎に

デオドラント剤の効果的な使い方としては、 「部位毎に」「単発的な」使用をすることが重要です。

デオドラント剤の中には汗腺を塞ぎすぎてしまう物もあります。

広範囲に長時間、塗ったままにしておくのはやめましょう。

わきの臭いだけでなく、体臭対策には、とにかく「清潔さ」を維持することが不可欠です。

女性はインナーウエアを着用するので、下腹部を締め付けがちですし、生理ナプキンを身に着けると蒸れて性器の匂いがこもりがちになります。そのうえ、排卵期周辺には臭いに鋭くなり自分自身の臭いが心配になることもあるようです。しかし、仮に月経中や健康状態によって強烈な臭いに感じてもすぐに終わる生理現象であり、普段どおりの清潔さを心がければ解消されます。

ワキの臭いが気になるなら、出かける前に、デオドラント剤をわきに塗りましょう。

つけた後、デオドラント剤を乾燥させるようにすると、より効き目を感じることが出来ます。

脇の汗や臭さを軽減するのには、噴霧器型や粉末状などの、さらさらとしたタイプであればより効果が期待できます。

急な発汗にはウェットシートで対処しましょう。

女性器のにおいに不安があるとき、ソープやビデを使い膣を洗うのはかえって逆効果です。

雑菌の侵入を防いで、膣を守っている常在菌まで殺してしまわないように、ごしごしと強く洗わずに石鹸の泡を使い外側だけを丁寧に洗い、お湯で濯ぎ流すように心がけましょう。

素材も綿や絹などの、通気性が出来るだけ良い下着を使用し、月経中はしばしばナプキンを取り換えると良いでしょう。

性器の周辺が無臭であることはあり得ません。

性別や年齢に関係なく、皆が若干のにおいを持っています。

また臭いには 各自個人差がでるのが普通です。それを、「クサい」などと思いやりのないコメントで非難してくるような男性がいるとしたら、それは彼のほうが浅学です。

そのような認識は 間違っていると言わざるをえません。ワキガ臭の発生を抑える『擦りりんご湿布』は、擦りおろしたリンゴをコットン生地で包み、湿布をするときのように腋に当てる手間だけですぐに効果が表れますから、是非とも試してみて下さい。

①皮付きの林檎一個を洗い、残さず全て擦りおろす。

②果汁を出し切るように、すりおろした林檎をコットンなどでまとめて搾る。

③残った果肉を布で纏めて、両わきの下に5分間挟みこむ。

体臭、とりわけワキの臭い……。

「発汗時のニオイで困ってます」という人、相当いるのではないでしょうか?多少の発汗でも「もしかして……」と不安になってしまうもの。

実のところは思っているより臭わないのに気を揉んでいる人も大勢います。でも、ほんとうに周囲の人に迷惑をかけていないのか、気に障る程の強いにおいではないかと、 臭いで悩んでいる人にとっては由々しき問題ですよね。わきの臭いの予防案と言えば、なにせ皮膚を汚さぬこと。汗に含有されるアンモニアや皮脂などの成分と菌類などが合わさった時生まれるニオイは、身体を清潔にするだけで防ぐことができます。また、清潔な衣服を纏うことも重要です。

肌と直接触れ合う衣料品は特に清潔にしておくことが重要です。汗をかいた際は、備えていた替えの肌着に交換するのも 良い対策方法です。ワキガを完全治癒する場合、実は手術してしまうのが1番簡単です。

でも、費用が高額だったり、体にメスを入れたり、カニューレを入れたりしなければなりません。手術以外の治療法としては、今ではデオドラント効能を持つソープや、スプレーがすぐ手に入るので買ってみるといいでしょう。中にはバイ菌の発生を妨げ、体質そのものから改善し気になる部位の臭いを抑えてくれる製品もあるので、是非試してみてください!万が一、股部の異臭に悩み気に病むようだったら、まずは旦那さんや彼氏に聞いてみることが一番大切です。

「私の体臭は気になる?」と。

「気にならないよ。君の臭い大好き!」と言われたら、 「私こそあなたのニオイは好みよ」と笑いながら応えましょう。

二人して臭いに悩みを抱えて体を重ねることがなくなるのは不幸せなことかもしれませんね。

以下の項目にあてはまる物が多いほど高確率で脇のにおい持ちです。

腋の毛が厚く、女性であればワキ毛が剛毛。衣類や下着のワキの部分が黄ばんでいる。

両親がワキガである。

ないし両親の一方の耳アカが湿り気を含んでいる。

ワキの下は特に多汗である。粘調気味の汗がでる。

肉類や乳製品などをよく食べ、動物性タンパク質を多く摂取する。

わきガと遺伝は強く因果し、両親のうち片一方が腋臭症の場合50%、二人とも腋臭症の場合75%もの割合で子どももワキガになると考えられています。もしくは、両腋ではなく片一方のみに症状が出る人もいます。臭いは通常ホルモンとの関係で思春期あたりから強くなっていくようです。ワキガになると、デリケートゾーンや足の異臭なども 気に悩む方も少なくないようです。「ワキガ」は病気ではありません。

それでも、匂いが他人より強い人、わきからの発汗が原因で衣類に黄ばみが出来、悩んでいる場合は、病院で治療をするという手段もあります。慎重に調べてからクリニックに向かいましょう。中でも、両ワキを一遍に手術しようとする病院は、お勧めできません。左右どちらかの脇の手術を受けてみて、アフターケアや術後経過を見てから、 残りの手術をするほうが無難です。